ペレペレの歴史

マーク・ブキャナンは、ペレペレの創設者であり、デザイナーです。1978年にデトロイトで創業を開始してから、ペレペレは、型にはまらない色とインパクトのあるアクセントの組み合わせで、非常に詳細できわどく、斬新な革製品を中心に展開してきました。「ペレペレのジャケットはすべて芸術品のようなもの」ブキャナンはそう言います。「私たちの商品は、心臓が弱い人たち向けではないですね。」

ブキャナンのユニークな革の作品は、すぐにスタイルに敏感な都会の若者たちのハートを射止めました。それは、主流のアパレル業界の大部分にとっては、まだ未開拓の市場でした。「都会のお客さんたちは、市場を活性化してくれました」ブキャナンは言います。

「ペレペレや他の都会の若者向けブランドは、それまで誰も目を付けていなかった市場に目を付けたのです」とブキャナンは続けます。事実、革の良さが幅広く認識されたため、1990年代初め、ブキャナンは、ブランドを拡大し、スポーツウェアを取り扱うようになりました。その結果、21世紀を代表する若い男性向けライフスタイルブランドとしての地位を確立したのです。

2002年には、当時ドイツのライセンスによって運営されていたToo Shyが、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドなどを含むスカンジナビアのすべての国々でペレペレの公式販売代理店となりました。

10年後の2012年に、Too Shyがペレペレのヨーロッパにおけるライセンスを引き継ぎ、自ら「コペンハーゲン」コレクションのデザインおよび製造を手掛けるようになりました。3年後の今、ペレペレは、再び12か国以上のヨーロッパの国々で販売されており、着実に成長とネットワークの拡大をしています。

今日、ペレペレは、上品なデニムや織布パンツからニット、手の込んだアウターから帽子やアクセサリーまで、幅広いコレクションをデザインしています。新しいお客様、長期に渡りペレペレを愛用して下さっているお客様、両方のお客様のために様々なファッションの最新スタイルを提供しています。

当ブランドは、都会派のファッションに敏感な男性のために、優れたデザインのみならず、際立った品質に焦点を当て、質の良い商品を全力で作っていくことを目標としています。